2017年1月29日日曜日

心理カウンセリングが効果的に進む秘訣とは ②



前回から少し間が開いてしまいました。
(前回の記事→心理カウンセリングが効果的に進む秘訣とは ①

ということで、心理カウンセリングの効果を最大限発揮するための秘訣は

クライエントが自分の感情・気持ちを自由に表現できること。

これに尽きるでしょう。
言葉にすると単純ですが、これがカウンセリングの目的と言っても過言ではないほど大切なことです。

心の声を素直に表現するというのは意外に難しいものです。
日常生活では色々なものが、我々に素直でいることを邪魔します。
そしてその状態が続き、ありのままの自分でいられなくなった時、心は疲弊し問題が起きやすくなります。
時にはそれは、症状として出ることもあり、人間関係の障害になることもあり、行動の障害に出ることもあり、自身の心の苦痛として感じることもあります。

前回、解決にはタイミングが訪れる必要があると述べました。
そしてそのタイミングは無理やり引き出せるものでもないともお伝えしました。
それと同じです。
素直な本音、ありのままのその人の気持ちも無理やり聞き出せるものではありません。
クライエントさんも好きで言わずにいるわけではないのですから。
自分の『心の奥の声』が自分で聞けなくなってしまっている状態こそが、心にとって一番ストレスフルな状態なのです。

心理カウンセリングの序盤では、多くの方が自身の悩みや大変な状況を語ってくれます。
そんな時、カウンセラーに理解しやすいように一生懸命考えながら話をしてくれます。
しかしカウンセリング進むにつれて、だんだん気持ちが抑えきれなくなってきます。感情がどんどん湧き上がってきます。
そうなると、自分でも思っていなかった言葉が飛び出したり、涙が溢れてきたりします。
それが、自分の気持ちが真っ直ぐに表現できたという事。

でもここで疑問がありますよね。
自分の心に本当に素直に表現できているか、をどう判断するのか。
まさか、カウンセリング中にうそ発見器をつけるわけにもいきません。
(まぁ、本人にも無自覚なのでうそ発見器も反応しないでしょうけどね。)

その答えは簡単です。
素直に表現できた時、他ならぬ本人がそれを自覚できるからです。
その感覚は人それぞれですが、

悩ませてた問題の解決が思いついたり。
引っかかっていたモヤモヤした気持ちが消えたり。
悲しみや怒りなど自分を苦しめていた感情が解消されたり。
迷っていた答えがすんなり決められたり。
目の前が明るくなったり。
体が軽くなったり。

そんな感想をこれまで私は聞いてきました。
ただ、自分の気持ちに素直になるだけでそんな奇跡的な変化が起きる瞬間を、これまで何百と目の前で見てきました。

そして、我々カウンセラーにもその瞬間は感じられます。
頭で考えた、用意した言葉でないことを語り始めたら、
それまでに比べてクライエントさんの言葉が胸に響くように感じられます。

なんでもない言葉であっても、その人にとって心が込められた言葉は、聞いている我々の心にも響くものです。
クライエントさんがそんな風に、自分のことを素直にありのまま表現できるよう、我々カウンセラーは様々な技術と知識、そして真っ直ぐ向き合った心を携えて関わります。
そして、何が表現されても我々は決して否定することなく受け止めます。

正しいか正義かは判断する必要はありません。
その判断は、クライエントさんが自ら行うべきものです。
ですから我々カウンセラーは、クライエントさんが自分のありのままと向き合うことの援助とも言えるでしょう。

その過程で、人は癒され、解放され、強さを取り戻し、自分の人生を生きることができるようになります。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


0 件のコメント:

コメントを投稿