2017年6月24日土曜日

自分のルールに縛られていると感じたら


人間誰しも、『自分ルール』といわれるものを持っています。

例えば、
靴を履く時は右足から。
体を洗うのは頭から。
横断歩道では白い部分だけを歩く。
黒猫と出会ったら悪いことが起きる。

など、自分の中だけでの決まり事、自分が信じている『法則』とも言い換えられるかもしれません。

多くの自分ルールは、
「守ったら幸運が」
「破ったら悪いことが」
といったように自分の行動に対して制限や条件を課してきます。

しかしこの自分ルール、誰しも多かれ少なかれ持っているものだと思いますが、よく考えてみてください。
そのルールに、科学的な裏付けや根拠はありますか?

理論的な説明も必要とせず、
「ただ、そういうものだから」
そう思って従っている人も多いのでは。

この自分ルールというものは、その人の経験や価値観によって作られているものが殆どです。
なので、以前に起きた出来事や、躾として言いつけられてきたことに対して無根拠で自分の中に根付いているものです。

教訓として捉えるなら良いのですが、
前後関係や環境、自分の立場によって、その過去の経験は『参考』になっても『絶対のルール』にはならないはずなのです。

そう言うと、こう反論したくなる人もいるのではないでしょうか。
「だって、自分ルールを破ったら本当に悪いことが起きたもの!」

それも事実なのでしょう。
しかしそれには、我々人間に起こりがちな認識のミスがあるのです。

我々は、こうだと信じていることに対して、それが正しいと思える証拠ばかり印象的に感じ、逆に信念に反する出来事は無意識でなかったことにしてしまう傾向があります。

例えば、
『雨の日には悪いことが起きる』
そう信じている人は、
雨の日に起きた悪いことは「やっぱり!」と覚えているのですが、
雨の日に起きた良いことは無視してしまうという事です。

これは、認知心理学の言葉では『確証バイアス』などとも呼ばれます。
これでは「雨の日には悪いことが起きる」と信じてしまっても仕方ないですよね。

自分ルールにとって都合の良い事柄は目につくのだけど、
自分ルールの信憑性を脅かすような事柄は気付かずに過ぎてしまう。
もしそれが、自分自身にとって辛いことだったとしても、です。

我々の認識とはそれくらい偏ったものです。
もし、自分ルールに縛られてしまい、生き辛くなっているなら、
無意識で行ってしまっている判断を見直してみることをお勧めします。

自分を守り、生き易くするための自分ルールなら、おまじないでもなんでも大歓迎ですが、
自分が生き辛くなるような自分ルールとは決別することで、
これまで想像もしなかった新しい世界が待っているかもしれません。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2017年6月23日金曜日

日本カウンセラー学院 体験レッスン開催


今日はお知らせです。
私が講師をしております、カウンセラーの資格取得学校『日本カウンセラー学院』では、秋期開講に伴い入学者を募集中です。
日本カウンセラー学院HP(クリックでリンク先へ飛びます)

心の問題が取り立たされることも多い昨今。
心理カウンセリングの専門知識を持つことは、ある意味自分の人生や大切な人の人生を守ることにも役立ちます。

職業として、心理カウンセラーを目指そうという方はもちろん、
現職に相談対応の技術が必要と感じられている方も、
自分の為や家族、周囲の人の為に学びたいという方も、
当学院で学べる内容は、幅広く、実用性のある心理カウンセリングを学んでいただけます。

そこで、パンフレットやホームページの情報だけで伝えられない、実際の講義の雰囲気を体験していただけるよう、無料体験セミナーを実施します。
セミナーでは、当学院の講義内容からテーマに沿った内容をお伝えする予定です。

無料体験レッスンのお申し込みはこちら⇒日本カウンセラー学院 無料体験レッスン

テーマは、『90分でわかる心理カウンセリング』ということで、
言葉は知っているけどその中身はいまいちわからない、そんな心理カウンセリングについてを実際の講義内容のダイジェストという形でお伝えいたします。

『日常で行われる相談』と『心理カウンセリング』の違いを知る。
というテーマで、
・悩みを聞くときに必要な心構え
・悩みが解決するメカニズム
・相談にまつわる心理
などをわかりやすくお伝えします。

当学院は、初めて学ぶ方でもわかりやすく心理カウンセリングを身につけられるカリキュラムをご用意しております。
既に心理カウンセリングを学んだ経験がある方でも、実践的な現場のカウンセリングが学んでいただけます。

無料体験レッスンでは、講義の内容はもちろん、取得できる資格についてもご質問をお受けします。
更に希望される方には、後日に個別説明・相談も無料でお受けいただけます。

気軽にご参加くださいませ。

お会いできるのを楽しみにしています。

無料体験レッスンのお申し込みはこちら⇒日本カウンセラー学院 無料体験レッスン



2017年6月22日木曜日

求められるもの、提供するもの



先日、スマホの機種変更をしました。
今まで使っていた機種とはもう3年以上の付き合い。

別にケチで使い続けていたわけではないんですよ。
愛着があったこともありますが、最大の理由は、
小さかったから。

4インチサイズで、手のひらに丁度良く収まるサイズ。
最近のスマホはどれも大きくて、
「これだったらタブレット持つのも変わらないんじゃ?」
と思うような機種ばかりですよね。
そんな折、4,7インチでデザインもまぁまぁ、という機種の存在を知っての機種変更です。

不思議だなと思うのですが、
私は年代的に、ポケベル→PHS→ケータイ→スマホ
という時代の流れをリアルタイムですべて経験してきました。

かつてケータイ時代は、
各社がこぞって『小型化』を競っていました。
ところが、昨今のスマホは進歩と共に大型化しています。

やはり、スマホの利用の幅が広がったことが理由でしょうか。
スマホでできることはどんどん増え、今やパソコンをも駆逐する勢いです。
そうなると当然、「大きな画面で楽しみたい」という使用目的に合わせた開発になってゆくのでしょう。
ゲームや動画はある程度大きな画面の方が不自由なく楽しめますものね。

こんな風に、
『求められるもの』によって姿を変えてゆくものというものは多くあります。

利便性や品揃えが求められ、通信販売に取って代わられてゆく書店。
健康志向の波によって、味以外のものを求められる食品業界。
道路事情や経済事情に合わせて、軽自動車の需要が増える車。

どの商品も同じ方向性で進みがちになり、少数派の意向が届かないのも寂しい気もしますが、『商品』である以上ニーズに応えるのは当然なのでしょう。

そう考えると、『心理カウンセリング』もまた時代のニーズに沿った変化を求められるのかもしれません。
古いやり方に固執してしまっては、肝心の提供する相手を無視した独りよがりな自己満足になってしまう懸念もあります。
とはいえ、時代のニーズを迎合し過ぎて少数意見を切り捨ててしまっては、多種多様な『心』を扱う専門家としては本末転倒でもあります。

では、どうあるべきか。
私の答えは、
相談者の話をしっかり聞いて、一緒に協力し合って取り組んでゆくこと。
当たり前といえば当たり前の原点であると同時に、意外と軽視されてしまっているのも事実です。

「この心理療法がいいからやりましょう」
「私の言った通りすれば悩みは解決するよ」

そんな関わりをしているカウンセラーも多いと聞きます。
カウンセリングを受けた経験のある方、心当たりあるのではないでしょうか?

悩みは多種多様で、人の性格や人生だって一人として同じ人はいません。
だからこそ、その人のニーズに対して、その人にマッチした、その人だけの解決方法があるはずです。
そんなオンリーワンな関わりこそが、心理カウンセリングには特に求められるのでしょう。

求められるものによって姿を変える。
それは、時代や流行などという大きなものではなく、
一人ひとり、その人によって柔軟に変化をしてゆくこと。

そんなカウンセラーでありたい、そう私は思います。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

ブログ再開! 三日坊主の心理とは



今回もまたずいぶん更新期間が空いてしまいました。
色々な方に、
「ブログ止まってるね、忙しいの?」
そんな心配をかけてしまっています。

実際忙しいのは確かなのですが、毎日激務というわけでもなく、
正直に白状すると、忙しさを言い訳にサボってしまっていました。

というわけで今日から再開します。
待ってくれていた方も、
もう愛想尽かしちゃった方も、
これから毎日とはいかないまでも、こまめに更新していこうと思っています。
お付き合いいただければ幸いです。

三日坊主にならないように……

そんな私の現状にちなんで、今日のテーマは『三日坊主』。
飽きっぽく、長続きしない人のことをそう例えますが、
皆さんも経験あるのではないでしょうか。

勉強、ダイエット、ジョギング、禁煙 ……etc

三日坊主の罠はたくさんあります。
一度は「やるぞ!」と誓った習慣も、3日も経てば気持ちも醒めて面倒になってしまう。

そこで『なぜ三日坊主になってしまうのか』を心理学的に考察してみましょう。

考察① ゴールが曖昧な為に達成感を得られない。
目標を立てるというのは意外に難しく、有効な目標設定でないと達成も難しくなります。
その最も多いパターンが『曖昧な目標』。
「明確なゴールを決めずになんとなく始めてみる」
これが一番いけない。
ゴールのないマラソンを走っているようなものです。
達成感を得られない努力ほど苦しいものはありません。そりゃ長続きしないでしょう。

考察② 自分を褒めてあげていない。
褒めてもらって喜ぶのは子供だけだと思ったら大間違い。
大人だって褒めてもらえなきゃ頑張れません。
わかりやすい結果が伴う習慣(ダイエットや筋トレ)でない場合は特に、『頑張ったご褒美』が実感し辛いものです。
習慣的な努力は地味で他人にはわかり辛いものも多いですからね、
褒めてくれる人もあまりいません。
だからこそ、自分で頑張っている自分を褒めてあげることも必要です。

考察④ 目標が高すぎる。
目標を掲げる時は気持ちも盛り上がってますからね、ついついハードルを上げてしまいがちです。
冷静に考えてみると達成困難な目標を掲げてしまって、難易度の高さにやる気をなくしてしまう、というのもありがちです。

考察③ できない自分の言い訳にしている。
上の3つに比べて、これは深層心理的な考察。
「頑張ろうと思ってたけど三日坊主になっちゃった。やっぱり自分はダメな人間だなぁ」
そんなふうに思った経験があるなら要注意。
『ダメな自分』であることを、自分に証明するためにわざと三日坊主を繰り返してしまっているのかも。
人は自分に対しても先入観や決めつけを行います。
そして人は、「自分が思った通りの展開だったら安心する」という性質もあります。
なので、「自分はダメだ」と否定的な価値観を持っている人は、定期的に「自分がダメ」であることを確かめようとする傾向があります。
その時に、三日坊主というのは自分のダメさを確認するにはお手軽な方法だと思いませんか。

というわけで、『三日坊主』についていろいろ考察してみました。
納得できたところがあったら、改善の参考にしてみてください。

では、今度こそ私は三日坊主を卒業できるのでしょうか!?
信じるか信じないかは、あなた次第です!

垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2017年1月29日日曜日

心理カウンセリングが効果的に進む秘訣とは ②



前回から少し間が開いてしまいました。
(前回の記事→心理カウンセリングが効果的に進む秘訣とは ①

ということで、心理カウンセリングの効果を最大限発揮するための秘訣は

クライエントが自分の感情・気持ちを自由に表現できること。

これに尽きるでしょう。
言葉にすると単純ですが、これがカウンセリングの目的と言っても過言ではないほど大切なことです。

心の声を素直に表現するというのは意外に難しいものです。
日常生活では色々なものが、我々に素直でいることを邪魔します。
そしてその状態が続き、ありのままの自分でいられなくなった時、心は疲弊し問題が起きやすくなります。
時にはそれは、症状として出ることもあり、人間関係の障害になることもあり、行動の障害に出ることもあり、自身の心の苦痛として感じることもあります。

前回、解決にはタイミングが訪れる必要があると述べました。
そしてそのタイミングは無理やり引き出せるものでもないともお伝えしました。
それと同じです。
素直な本音、ありのままのその人の気持ちも無理やり聞き出せるものではありません。
クライエントさんも好きで言わずにいるわけではないのですから。
自分の『心の奥の声』が自分で聞けなくなってしまっている状態こそが、心にとって一番ストレスフルな状態なのです。

心理カウンセリングの序盤では、多くの方が自身の悩みや大変な状況を語ってくれます。
そんな時、カウンセラーに理解しやすいように一生懸命考えながら話をしてくれます。
しかしカウンセリング進むにつれて、だんだん気持ちが抑えきれなくなってきます。感情がどんどん湧き上がってきます。
そうなると、自分でも思っていなかった言葉が飛び出したり、涙が溢れてきたりします。
それが、自分の気持ちが真っ直ぐに表現できたという事。

でもここで疑問がありますよね。
自分の心に本当に素直に表現できているか、をどう判断するのか。
まさか、カウンセリング中にうそ発見器をつけるわけにもいきません。
(まぁ、本人にも無自覚なのでうそ発見器も反応しないでしょうけどね。)

その答えは簡単です。
素直に表現できた時、他ならぬ本人がそれを自覚できるからです。
その感覚は人それぞれですが、

悩ませてた問題の解決が思いついたり。
引っかかっていたモヤモヤした気持ちが消えたり。
悲しみや怒りなど自分を苦しめていた感情が解消されたり。
迷っていた答えがすんなり決められたり。
目の前が明るくなったり。
体が軽くなったり。

そんな感想をこれまで私は聞いてきました。
ただ、自分の気持ちに素直になるだけでそんな奇跡的な変化が起きる瞬間を、これまで何百と目の前で見てきました。

そして、我々カウンセラーにもその瞬間は感じられます。
頭で考えた、用意した言葉でないことを語り始めたら、
それまでに比べてクライエントさんの言葉が胸に響くように感じられます。

なんでもない言葉であっても、その人にとって心が込められた言葉は、聞いている我々の心にも響くものです。
クライエントさんがそんな風に、自分のことを素直にありのまま表現できるよう、我々カウンセラーは様々な技術と知識、そして真っ直ぐ向き合った心を携えて関わります。
そして、何が表現されても我々は決して否定することなく受け止めます。

正しいか正義かは判断する必要はありません。
その判断は、クライエントさんが自ら行うべきものです。
ですから我々カウンセラーは、クライエントさんが自分のありのままと向き合うことの援助とも言えるでしょう。

その過程で、人は癒され、解放され、強さを取り戻し、自分の人生を生きることができるようになります。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2017年1月20日金曜日

心理カウンセリングが効果的に進む秘訣とは ①


さて、前回の記事では、
心理カウンセリングの回数について、を書きました。

今回は『効果的なカウンセリング』についてです。
心理カウンセリングを効果的に進めるには、いくつか気を付けなければならないことがあります。

そのうちで最も重要な禁忌。
それは『心理カウンセリングの無理強い』。

文字通り、本人が望んでいないのに無理にカウンセリングを受けさせること。
これは効果がないどころか逆効果ともなります。

クライエントさんが抱えている問題の解決に至るまでに、『困難な課題』や『勇気』が求めららる場合もあります。
それらに立ち向かう事を、カウンセラーの都合で押し付けてしまうことは、クライエントにとって大きな抵抗が起きます。
頭ではわかっていても困難に立ち向かうのには心の準備が必要です。

その準備が整っていないのに、解決を焦らせてしまう。
下手をすると、クライエントが解決に向かう意思すら挫いてしまう事もあります。

では、そのタイミングはいつ訪れるのでしょうか。
それは、クライエント次第です。
とはいえ、そのタイミングは他者が無理やり引き出すことはできません。
極端に言えば、そのタイミングがクライエントに訪れるまでは、解決の機会も訪れないと思ってもよいかもしれません。

解決するのはカウンセラーではありません。
解決できるのも、そもそも解決を『実感』できるのもクライエントのみなのです。
我々カウンセラーが、よかれという状態に持っていってあげたところで、それはカウンセラーの自己満足でしかありません。

しかし、ただ待つのではあまりに無責任でしょう。
それならカウンセラーなど始めから必要ありません。

我々カウンセラーは、そのタイミングが早く訪れるよう促進させ、逃さないように、更にタイミングが訪れた時には全力でサポートをします。
そして同時に、問題と向き合うい、乗り越える準備が整う為の援助も必要です。

解決に向かうための『心のエネルギー』を溜めるために、
アドバイスをもらったり、心から受け止めてもらえたり、認めてもらえたり、ありのままを承認してもらう経験は、心の栄養となります。
そうして、弱ってしまった心を元気にして、来たるべき頑張り時にクライエントは自分の解決に向かってゆけます。

解決のタイミングはクライエントに委ねられています。
しかしそのタイミングを促進したり援助することは可能なのです。

クライエントが解決に向かうための心のエネルギーを蓄えること。
そして訪れる、解決のタイミングを促進させること。

一人で悩んで解決できない時に必要とされるカウンセリングですが、
カウンセラーだけでは解決に至れません。

解決しようという気持ちを持ったクライエントと、
それをサポートし、手助けし、援助するカウンセラー。
二人で協力することが、効果的なカウンセリングの先ず一つ目の条件となります。

さて、続きはまた次回にしましょう。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2017年1月18日水曜日

カウンセリングは何回受ければいいのか


さて、久しぶりに心理カウンセリングについてがっつり語ってみようかと思います。
クライエントさんからこのような質問を受けることがしばしばあります。
「カウンセリングは何回受ければいいの?」

聞かれればこうお答えするしかありません。
「あなたがカウンセリングが必要ないと思ったら、その時が終結です」

無責任な答えに聞こえるかもしれませんが、それが我々の素直な答えです。
カウンセリングの終結と言っても、その形は様々です。

『抱えていた問題が現実的に解決する』
例えば、症状が治まることであったり、
人間関係が改善することであったり。
そういった目に見える解決の姿はわかりやすいかもしれません。

しかし、逆に言うと
症状が治まったからといって、本質的な問題が解決したことにはならないことだってたくさんあります。
また、症状は治まっていなくても、今後の希望的な展開が見つかればそれで解決と感じるかもしれません。

つまり、『何が解決なのか?』は我々カウンセラーではなく、クライエントさん本人が決める必要があるという事です。
クライエントさんが納得していないのに、
「これで解決ですね」と突き放してしまってはカウンセラー失格です。

ですから我々は、具体的な『解決の姿』をクライエントさんに伺い、その実現を目指します。

とはいえ、やっぱりカウンセリングに通う目安というのは欲しものですよね。

心理カウンセリングにはたくさんのアプローチ法があります。
その中に『短期療法』というものがあります。
名前の通り、比較的短期間で治療の終了が期待できる療法です。
その短期療法で、だいたい10回前後のセッションが終了の目安とされています。

でも実際は、もっとフレキシブルで流動的なものです。
ストレス解消の愚痴吐きや、状況整理が目的のカウンセリングなら、ある程度終結を感じられるのに2~3回でよい場合もあるでしょう。

特定の目標や課題、改善することが明確になる場合は、もう少し回数が必要かもしれません。
なぜなら、改善や課題達成とは、カウンセリングの中で起きるのではなく、
カウンセリングで得たことや扱ったことが、日常で活かされて初めて解決・達成となるわけですから。
カウンセリングと日常を往復することで、日常での変化を確かめてゆく必要があります。

そんな時に注意しなければならないのは、
「解決した(できる)気になって終了」というパターン。

どうしても心というのは目に見えないものなので、
「なんとなく」
という不確かなものが付きまといます。
その「なんとなく」を日常に実現できる事が、目標達成や問題解決には不可欠になります。

「一度のカウンセリングですっきり」
とはなかなかいかないもので、継続が必要になる場合が多いですが、それでもその継続は我々カウンセラーが強要するもの

では絶対にありません。
ですので私は、継続することが有効ですよ、と伝えることはありますが、
「どうしますか?」と必ず伺います。

無理強いをしても効果的なカウンセリングとはなりません。
クライエントさんのペースを最優先で、我々にできるサポートをご提供します。

という事で今日はこの辺で。
次回は、カウンセリング無理強いは厳禁という事と、カウンセリングが効果的に進む秘訣。
その辺をお伝えしようと思います。

垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈

2017年1月11日水曜日

寒いものいっぱい


今日はまたひときわ寒かったですね。
最大級の寒波襲来だそうで。
でも寒波とか、今年一番の寒さ/暑さとかって、しょっちゅう天気予報で聞く気がしますが、あれってどういう基準なんでしょう。『今年一番』はどんどん更新されていくものだろうし、季節の変わり目には毎日のように『今年一番』があっても不思議ではないですよね。

まぁそれはいいとして。

『寒い』という言葉の使用例は多岐に及びます。

単純に気温が低い時は
「天気が寒い」

金銭的に困窮している様を
「懐が寒い」

寂しい、心細い気分のことを
「心が寒い」

恐怖を感じた時の表現として
「背筋が寒い」

面白くない笑い話や芸に対して
「お寒い空気」

他にも、関西では白けたり、興ざめな人に対して、
「サムいやっちゃな~」
なんて言ったりもします。
ちなみに「さむい」ではなく「さぶい」の方が方言的には適切かも。

本来は気温の状態を表す言葉ですが『寒い』という表現は色々な場面で使われますね。
とはいえ、全く違う使われ方というわけでもなく、何か法則性というか似た雰囲気を感じます。
どの『寒い』も、

「満たされていない」
「足りない」
「寂しい」

というニュアンスが含まれている気がします。
ネガティブな、というと断定的すぎるかもしれませんが、あまりポジティブな雰囲気にはそぐわないようですね。

冬は精神的な落ち込みが増える、というのは以前にもこのブログでお話ししたと思います。
実際、冬の時期は心理カウンセリングの件数が増える時期の一つです。
冬にかけて症状が出る『冬季うつ(季節性感情障害)』という言葉もあるくらいですからね。

理由として、日照時間の変動や気温低下にともなう体温の変動、自律神経の不調などが挙げられます。
そのような身体的、医学的な原因が説明されるはるか以前から、
『寒い』という言葉にネガティブなニュアンスが含まれていたとすると、その節にも真実味が増します。

「寒いと人恋しくなる」
なんていうのも、同じような背景からの表現かもしれませんね。

ともあれ、まだこれから2月にかけて寒くなることでしょう。
ネガティブな気分になってしまったら、
自分を責めたり周囲の人に原因を求める前に、
「今はそういう季節だからなぁ」
と、とりあえず責任を季節のせいにするのも一つの方法です。

そして、無理に解決を焦らずに、落ち込む気持ちを受け入れてみる。
一人で受け入れるのが手に余るなら、我々カウンセラーがお手伝いをすることもできます。

そうすることで、『どうにもならないもの』に対するイライラや焦りを、
一旦脇に置いてみて距離を取ってみることも有効です。
すると意外と解決方法や気分の持ち直し方が見つかることもあります。

時には少し無責任になってみる。
心の安定にはそんな裏ワザも必要なのかもしれません。


※『アツい』も気温以外でもよく使われますけどね。今回は季節的に寒いお話ということで。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2017年1月9日月曜日

大人と子供の境界線



今日は全国的に成人式が行われたのですね。
栄の街もスーツを着慣れていない若者が楽しそうにしている姿が目につきました。

成人式といえば、奈良時代から続く、元服を起源とした新成人を祝う日本特有の風習です。
つまり、成人式を境に大人として扱われるという儀式です。

しかし、子供から大人になることでどのような変化があるのでしょうか。
大人と子供の境目は一体なんなのでしょう。
社会的、法律的には二十歳というのはひとつの目安なのでしょう。
ですが、「はい、今日から大人ね」と言われても困ってしまいます。

オーストラリアの哲学者、ルドルフ・シュタイナーは人間は『7年周期』成長してゆくという発達特徴を提唱しています。
まず肉体が人間として完成して、それから精神の成熟が行われるというような説です。
(すごくざっくりな意訳なのでご容赦を)

そう考えるとやはり、『精神・心の成熟』というのがキーワードとなるのではないのでしょうか。
大人としての自覚というよりも、一人の人間としての自律。

自律という言葉を私はよく使います。
『自立』ではなく『自律』。

『自立』とは主に経済的、生活的な独り立ちを意味し、
『自律』とは自分の感情、行動に責任を持って行動できることを指します。

責任を持てと言っても、「助けてやらないから一人でやれ」と厳しく突き放すというわけではなく、
他人(主に親)の価値観や指示で人生を決めるのでなく、自分の人生を自分で決めて行くという意味です。

大人だって、周囲の人に助けてもらったり面倒をかけることがあっても構いません。
しかし、
「させられた」「やってもらった」
というのではなく、
「自分で助けを求めた」「望んでやってもらった」
というニュアンスでしょうか。

子供は自分の行動の結果を責任が取れないこともあります。
しかし大人になれば、自分の行動の結果を自分で責任を取ることができます。

そう、責任は『取らなければならないもの』ではなくて『取らせてもらえる』ありがたいものです。
責任を取れるから自分で決めることができ、自分の人生を選ぶことができる。

それが、大人と子供の境界線となるのではないでしょうか。
大人としての自覚を促すための儀式として成人式を捉える。

私自身まだまだ自分の人生の責任を取りきれてはいませんが、これからも本当の大人目指して精進していこうと思います。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈


2017年1月3日火曜日

新年ムード


今日は朝から親族の集まりがありまして、
そして夕方からは仕事でした。

珍しく車で職場へ行ったのですが、街の雰囲気がやっぱりいつもと違いますね。
新年ムードといいますか。
年末ムードは街往く人たちの表情が少し忙しそうに感じるのですが、
今日、1月3日は皆少しのんびりとして楽しそうな表情の人がよく目につきました。

そりゃね、今日栄の街を出歩いている人の多くは、仕事でなくて初売りの買い物や遊び目的が多いでしょうし、顔も緩むってもんですよね。

そんな新年ムード漂う街を車中から眺めていると、なんだか私も改めて
「ああ、新しい年が始まったんだなぁ」
なんてしみじみと感じ入っていました。

名古屋 栄カウンセリングも明日、1月4日から今年の予約受け付けが始まります。

去年からの継続のクライエントさんは勿論、
今年新たに出会わせていただくであろうクライエントさんたちにも、
精いっぱいの高品質の心理カウンセリングをご提供できるよう、気合を入れていきます。

今年もきっとたくさんの新たな出会いがあるのでしょう。
一人ひとりを大切に、今年も名古屋 栄カウンセリングは『クライエント第一主義』で頑張ってゆきます。


垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈



2017年1月2日月曜日

新年のご挨拶


昨年中は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
なにとぞ本年もよろしくご愛顧のほどひとえにお願い申し上げます。

お正月ですね。
元旦は久しぶりに一日ゆっくりと過ごしました。
正月番組を見て、初売りに行って、
なんというか、お正月を満喫したといった感じです。

しかし時の流れというのは本当に早い。
去年のお正月がもう一年前だなんて信じられない。
体感的にはまだ6月くらいな気分です。

去年はとにかく忙しくしていて、気持ちがずっと逸って過ごしていたような気がします。
一日一日を漫然と過ごしがちだったかもしれません。自分の人生を蔑ろにしていたというか。
もっと振り返ったり、自分の人生に思いを馳せたり、一つ一つを、一日一日を丁寧に暮らすこともできたのではないかと。

今年はそれを実践してみようと思います。
仕事は去年よりも忙しくなることが予想されます。
それでも、忙しさに振り回されて日々をこなしてゆくのではなく、
そんな日々の中にも自分のための時間をしっかり意識をしていこうと。

くたくたに疲れ、ベッドに入って眠りにつくまでの僅かな時間でもいいのです。

「明日の仕事は○○だから、まず△△をして……そのあとは……Zzz」

こんな風に明日の予定を考えながら入眠してしまうのではなく、

「今日は○○な一日だったなぁ……。△△な気持ちになったなぁ……Zzz」

こんな風に自分の人生を実感する時間を持つことが、一日の充実に繋がるのではないかと思います。
そしてそれは、来年のお正月になった時、今年一年の充実の実感に繋がる第一歩なのではないでしょうか。

自分の人生を丁寧に生きる。

私の今年の抱負です。

垂水俊輔のカウンセリングの詳細やお問い合わせはこちら
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈
名古屋 栄カウンセリング
 URL:http://sakaecog.web.fc2.com/
 
❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈・❈